ギター

ギターは大人からでもプロになれる?年齢に制限はないの?

ギター少年

音楽が大好きで、

自分でもギターを弾いてみたい!

大好きなギタリストみたいになりたい!

音楽が好きで超絶ギターテクニックに憧れたことある人なら、一度くらいはそう考えたことあるでしょう。

ただ、そう考える年齢については様々かと。

 

中学生でロックギターにハマって、ギターを始める人がいれば、社会人になって、ブルースやジャズの魅力に取り憑かれ、ギターを始める方もいらっしゃいます。

前者はともかく、後者になれば、今からでもプロになれるのか?そう考える方もいらっしゃるかも知れませんね。

そこで当記事では、ギターは大人からでもプロになれるのか?についてお話してみようと考えました!

ぜひ最後までご覧ください。

こんな疑問にお答えします

  • ギターを大人になってから始めてもプロになれる?
  • プロとアマチュアの違い
  • ギターのプロには様々な職業がある
  • ギターだけで食べていけるのか?

ギターは大人からでもプロになれるのか?

さっそくですが、ギターは大人からでもプロになることができるのでしょうか?

いきなり結論から言わせてもらうと、ギターに年齢は関係ありません!

なのでギターは大人からでもプロになることは十分可能です。

 

逆に言うと、ギターは子供でもプロになることが可能だということ!

では、ギターにおけるプロの定義って一体何なのでしょう?

プロスポーツ選手のように明確に答えを出すことが難しいと感じるのは僕だけでしょうか?

次項ではギターにおけるプロとアマの違いについてお伝えしていきたいと思います。

ギターのプロとアマの違いとは?

ギターのプロとアマの違いってどこにあるのでしょうか?

  • 演奏技術?
  • 作曲やアレンジ?
  • 売れる楽曲を作れるか?
  • お金

こうしてみると上記のすべてが当てはまりそうな気がしますよね。

どれも間違いではないでしょう。

 

極論にはなりますが、僕が考えるプロとアマの決定的な違いは、他人のためにギターを弾けるか、それとも自分の為に自分が好きなギターを弾くか、この違いだと考えています。

ギターのプロフェッショナルとは?

ギターのプロフェッショナルとは、自分のためというよりは、

他人のためにギターが弾けるか?

ということになるのではないでしょうか?

 

もちろん、はじめは自分(所属しているバンド)の好きなことを突き詰めて才能や人気を認められてレーベルと契約するわけです。

ですが、売れれば売れるほど、自分たちの好きなことばかりができなくなってくる

つまり、レーベル側からいろんな制約が出されることも多いと聞きます。

 

そういった現実が嫌になってバンドを解散する話とかよく聞きますよね。

プロになると過酷な全国ツアーや、さらにビッグになると世界中を回ることも。

来る日も来る日も同じ楽曲をプレイし続けるわけです。

それでも、自分たちの好きなことで食べていけたらいいほうでしょうけど。

 

プロとしていつまで活動できるのかわからないのが現実ではないでしょうか。

ギターのアマチュアとは?

反対にギターのアマチュアとは、

自分が好きなギターを好きなように弾くことができる

ということではないでしょうか。

つまり自分が弾きたい楽曲を、自分が気持ちよくなるために演奏する!

気分が乗らない時や弾きたくない曲は弾かない、こういうことが自由に選択できることがアマチュアだと考えています。

 

もちろんアマチュアでも人に頼まれて少しのギャラで演奏することもあるでしょう。

ですが、気に入らなければ断ることができるはず。

 

それに比べてプロになると、「この仕事は嫌だ!」こんなこと言ってたらそのうち仕事もなくなるわけです。

ここまでプロとアマチュアの違いをお伝えしましたが、もちろんこれはぼくの考えであって、みんながみんな同じ考えだとは限りません。

ギターのプロといっても様々な職業がある

前項ではギターのプロとアマの違いについて述べてきましたが、ギターといっても、アーティスト活動(バンド)だけが全てではありません。

ギターに携わって給料や報酬が貰えれば、それだって立派なギターのプロと言えるでしょう。

バンド活動がメインのプロギタリストに比べれば、ギターに携わる職業の方がギターで大人からプロになりやすい仕事ともいえますね。

ではギターのプロにはどんな職業があるのでしょうか?

ギタリスト

先程と同じですが、バンド活動やアーティスト活動で生活している人がこれにあたります。

スタジオミュージシャン

こちらもギタリストとしての活動になりますが、レーベル契約したアーティスト以上に他人のためにギターを弾く職業と言えるでしょう。

主な仕事内容としては、ツアーに同行してサポート演奏したり、レコーディングなどに参加し、アレンジや制作などにかかわるなど、ある意味アーティスト以上のスキルが求められます。

ギター講師

ギター教室の講師や、インターネットを使ったギター養成講座の講師など、初心者から中級者に向けてギターを教える職業です。

教える相手にもよりますが、こちらも音楽理論など様々なスキルが求められる職業だといえるでしょう。

ギタークラフトマン

ギターを制作したり修理するなど、主に作る側の立場の人もギターのプロといえるのではないでしょうか。

こういった職業だと、ギタリストに比べ、ギターでも大人からプロになりやすい職業と言えるのかも知れませんね

このようにギターに携わる職業は様々です。

また、プロのアーティストとして活動していなくても、上記の職業を兼任しながら、好きな音楽を好きな仲間とともに演奏したり、依頼があれば小さなライブハウスやライブバーなどで活動するギタリストの方もいらっしゃいます。

なのでギターが好きだからといって、ステージで演奏するだけがプロではないということです。

ギターのプロになればそれだけでやっていける?

ここで少し現実的な話をすると、ギターのプロになったからといってそれだけで生活していけるのでしょうか

一言で簡単に言うことはできませんが、今の時代音楽だけで食べていける人は一握りなのではないかと。。。

もちろんギタリストとして、そこそこの才能と技能があれば、上記のように講師として食べていくことも可能でしょうけど。

それでもやはりかなり厳しい世界なのは間違いないでしょう。

ぼくの後輩でもレーベルと契約して、プロミュージシャンとして活動していたギタリストがいましたが、数年後にはバンドは解散して今は普通に仕事をして普通に暮らしています。

 

ここまでギターは大人からでもプロになれるのかについてお話してきましたが、結論としては年齢に関係なくプロになれると言えるでしょう。

ですが、今の仕事をやめていきなりプロを目指すのではなく、今の仕事を続けながらギタリストとして活動するのが間違いなくおすすめです。

そうして活動してるうちに、本当に才能があればどこかから声がかかるはず。

その時初めてプロを意識しても決して遅くはないでしょう。

 

音楽やギターの楽しみ方は人それぞれです。

続けることで見えてくるものも変わってくるのではないでしょうか。

まとめ

今回は、「ギターは大人からでもプロになれる?年齢に制限はないの?」と題しまして、プロギタリストになるのに年齢が関係あるのかについてまとめてきました。

どんなことでもそうですが、なにか始めるのに遅すぎるということはありません。

ギターも大人からプロになることは十分可能だといえるでしょう。

ですが、はじめからプロを意識するのはなく、まずは好きな音楽を好きな仲間と楽しみながら続けていくことで見えてくる世界があるはず。

プロを意識するのはそれからでも遅くないでしょう。

-ギター